« 造幣局・桜の通り抜け | トップページ | 無人駅 »

2009年4月19日 (日)

ほんまや






お花見帰りに天満へ。
最近オープンして気になっていたお店、『ほんまや』へ行ってきました。
ここは和歌山県勝浦漁港の直営店だそうで、新鮮なマグロが売りのようです。
月に一度は、解体ショーのイベントが開催されるそうです。

予想はしてましたが、お店の前には行列が…。
せっかくなので並んでいると「席、空いてるのになぁ〜」という声がチラホラ。
私もそーっと覗きに行くと、確かに席がチラホラ空いています(・_・)
相方クンと気長〜に待っていると、やっと案内してもらえました。

メニューは、色んなマグロ料理がいっぱい。
お造り盛り合わせや、ハラミの柚庵焼、ガツの湯引き(胃袋)などなど…全てマグロ料理です。
価格はめちゃくちゃ高いわけでもなく、むしろ安めな設定だと思います。
飲み物は全て294円!
生ビールも、焼酎も梅酒も…。
これもお得だなぁ♪

店内の雰囲気やお料理は良かったのですが、接客がまだまだ…という感じです。
厨房もホールも結構人数がいる様子だったのですが…
わざと空けているのか、外は行列なのに店内は空いてるテーブルがいくつもある…
そんな状態が帰る時まで続いていました。
まぁオープンしたてですのでそのうち慣れてこられるでしょうし、行列も落ち着いてくるのではないでしょうかねぇ。

★4/22(水) 魔法のレストランに出ていました!

■大阪市北区池田町8-15
■06-6352-5277
■16:00〜24:00(L.O.23:00) 
■不定休

ほんまや

|

« 造幣局・桜の通り抜け | トップページ | 無人駅 »

コメント

なるほどね〜。
言われてみれば、そう思うかも。
このお店、壁を無くして透明のビニールにしてるから、中の様子が結構見えるのよね。
入り口も、ドアが無いから覗いたら丸見え。
だから行列の人が「なんでやねん〜」と思ってしまうんよね。(´_`)

投稿: パー子 | 2009年4月26日 (日) 10時54分

とある本によれば,厨房が注文に追いつけなくなってきたら,たとえ空席があっても,そして待ち客が行列をなしていても,あえて席を片付けず案内しない,というのは接客業の基本ルールなんだそうですぜ.一度席に着かせた客を待たせると,「放置されている」と感じて怒り出すけれど,行列にいる間はまだサービスされる立場にはなっていないという認識が客にはあるので,まあイライラはするものの,席に着かせてしまうよりはマシなんだそうだ.たしかに,自分を振り返ればその通りだと思う.人の心の機微ですねぇ.

この店も,立ち上がったばっかりで,スタッフの数はいてもオペレーションが安定していなくて,こなしきれなくなっていたんじゃないですかね.

ま,いずれにせよ,接客がちゃんとなっていないのは気分が良いものではないので,ワシはできたての店には行かないようにしております.気が短いもんで.:)

投稿: 金沢方面 | 2009年4月24日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほんまや:

« 造幣局・桜の通り抜け | トップページ | 無人駅 »